学校経営計画・報告

School management plan report

重点目標 平成31年度

  1. 「自学自習の力」の向上
  2. 進路指導の充実
  3. 基本的生活習慣の定着
  4. 心身の鍛練と健全な精神の育成
  5. 保護者や同窓会及び地域との連携
  6. いじめや体罰の根絶
  7. 業務の在り方を見直す

1 目指す学校像

(1)教育目標

 本校は、校訓「剛健進取」のもと、授業、部活動、学校行事を通して、知徳体のバランスに配慮しつつ、生徒個々の持つ特性を最大限に伸ばし、その多様な特性を学校の活力とすることを目指す学校である。その教育理念は以下のとおりである。 創立120年の歴史と伝統を有する静岡県を代表する商業高校として、商業教育の特色を最大限に発揮して「剛健進取」の校風と「文武両道」の伝統を継承する。そして、生徒の主体的・自発的な態度と行動を尊重し、専門的職業人、より良い社会の形成者として地域社会に貢献しようとする態度と価値観を醸成するとともに、学ぶこと働くことを尊び、人を大切にする態度と高い志を持ち、生涯にわたって学び続けることのできる生徒を育成する。

(2)目標具現化の柱

業務内容、分担等の根本的な見直しと業務削減によって、教職員の物理的・精神的な「ゆとり」を生み出し、全職員の協力体制を構築する。そして、「安心・安全な学校づくり」を力強く推進する。

  1. 「自学自習の力」と基礎学力を確実に身に付けさせる。
  2. 生徒一人ひとりの希望する進路を実現させる。
  3. 基本的生活習慣を確実に定着させる。
  4. 学校行事や部活動等をとおして、「豊かな感性」と「健やかな心身」を育む。
  5. 積極的な広報活動等をとおして、保護者や同窓生及び地域の方々に教育活動全般を周知し、地域から信頼される学校づくりを推進する。
  6. 業務改善に努め、教職員の業務が適切に行われるよう改善を図る。
本年度の取り組みについては、学校経営計画書(PDF版)をご覧ください。

学校経営計画書・報告書

平成31年度

平成30年度

平成29年度