校長ごあいさつ

Principal Greeting

静岡県立静岡商業高等学校Webページに、お越しいただきありがとうございます。

本校は、明治32年静岡県静岡市立商業学校として開校し、今年で119年目を迎えた歴史と伝統のある高等学校です。
創立以来、校訓「剛健進取」の精神の下、運動と勉学共に秀でた人材を育成し、地元・県内は言うに及ばず全国、ひいては海外で活躍できるビジネスマンの素養を身に付けるための教育を日々実践しています。

本校は、商業科と情報処理科の2学科を設置しています。商業科は「目指せ産業界のスペシャリスト」を目標に、企業の様々な会計情報を分析・活用するために簿記会計の関係科目を中心に学習する会計A、その内容に英語の時間数を増やし四年制大学等への進学も視野に入れた会計B、ビジネスに携わるための知識や技術の基礎基本を学ぶマーケティングの3つのコースを設け、生徒一人ひとりの進路希望に応じてコースの選択ができるようになっています。また、情報処理科は、「目指せIT(インフォメーション・テクノロジ)スペシャリスト」を目標に、情報システムを開発したり利活用する基礎的な知識を学ぶシステム開発A、その内容に外国語(英語)や簿記関係の学習の時間を増やしたシステム開発B、ビジネスに活用する知識や技術を身に付ける情報デザインの3つのコースが設けられ商業科と同じように生徒一人ひとりの進路希望に応じてコースを選択することができます。商業科、情報処理科どちらの学科も、生徒それぞれの興味・関心や進路に基づいたコース選択が可能で、多くの生徒が自己の目標に向け日々頑張っています。

商業高等学校での学習の魅力の一つは多くの資格が取得できることです。本校も多くの生徒が将来のために様々な資格取得に挑戦しています。

私達教職員一同は、生徒一人ひとりの熱意、意欲、やる気を全面的に支援し、生徒自らが自己の目標に向けて努力する姿勢が十分発揮できるよう日々指導しています。

静岡県立静岡商業高等学校長 眞木 万平