沿革

History

平成

平成25年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が280名
(商業科200名、情報処理科80名)
平成21年 4月 流通経済科、会計科、国際経済科募集停止、商業科を新設する。
全日制課程第1学年生徒定員が240名
(商業科160名、情報処理科80名)
平成17年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が240名とされる。
流通経済科80名、会計科40名、情報処理科80名、国際経済科40名
平成12年 5月 校舎完成記念式典を行う。
平成12年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が280名とされる。
流通経済科80名、会計科40名、情報処理科120名、国際経済科40名
平成12年 3月 定時制課程閉校。グランド改修工事および前庭復元工事完了する。
平成11年 12月 北館建築工事(鉄筋)竣工する。
平成10年 10月 創立100周年記念式典を行う。
平成10年 3月 合宿所改正工事完了する。
平成9年 4月 定時制課程の募集を停止する。
平成8年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が320名とされる。
流通経済科80名、会計科80名、情報処理科120名、国際経済科40名
平成7年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が328名とされる。
(流通経済科82名、会計科82名、情報処理科123名、国際経済科41名)
文部省から研究指定を受け、学校間連携・専修学校連携・技能審査による単位認定を始める。
平成6年 4月 全日制課程第1学年定員が336名とされる。
(流通経済科84名、会計科84名、情報処理科126名、国際経済科42名)
全日制課程の推薦入学者の割合を募集定員に対する50%以内とする。
平成5年 4月 全日制課程第1学年定員が344名とされる。
(流通経済科86名、会計科86名、情報処理科129名、国際経済科43名定時制課程1学年生徒定員が40名とされる)
平成4年 3月 部室建築工事(鉄骨2階建)竣工する。
平成3年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が360名とされる。
経理科・営業科募集廃止、流通経済科・国際経済科新設
(流通経済科90名、会計科90名、情報処理科135名、国際経済科45名)

昭和

昭和63年 10月 創立90周年記念式典、校舎落成記念式典を行う。
昭和62年 9月 第2体育館前面改修および正門・前庭工事完了する。
昭和62年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が405名とされる。
事務科募集停止、会計科新設 情報処理科135名、営業科90名、経理科90名、会計科90名
昭和62年 3月 本館建築工事(鉄筋5階建)および南館増築工事(鉄筋3階建)竣工する。自転車置場建築工事(鉄骨2階建)竣工する。外構工事およびテニスコート改修工事完了する。
昭和60年 3月 推薦入学者選抜を実施する。第2校舎改修工事完了する。
昭和58年 4月 定時制課程第1学年定員が80名とされる。
昭和57年 4月 定時制課程第1学年定員が40名とされる。
昭和56年 3月 南館建築工事(鉄筋3階建)竣工する。
昭和54年 4月 定時制課程第1学年定員が80名とされる。
昭和46年 4月 全日制課程第1学年生徒定員360名とされる。各科90名
昭和45年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が368名とされる。
(商業科募集廃止、情報処理科・営業科・経理科新設) 事務科92名、情報処理科92名、営業科92名、経理科92名
昭和45年 3月 本館3階増築工事(鉄骨)竣工する。温水プール建築工事竣工する。
昭和44年 10月 創立70周年記念式典を行う。
昭和44年 5月 体育館兼講堂、格技場建築工事(鉄骨鉄筋2階建)竣工する。
昭和44年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が376名とされる。事務科94名、商業科282名
昭和43年 4月 小学科が設置され、全日制課程第1学年生徒定員が384名とされる。事務科96名、商業科288名
昭和41年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が400名とされる。
昭和39年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が450名とされる。
昭和38年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が500名とされる。
昭和37年 4月 全日制課程第1学年生徒定員が400名とされる。
昭和36年 10月 創立62周年、校舎改築完成記念祭を行う。
昭和36年 5月 本館、第2校舎間中央廊下新設工事竣工する。
昭和36年 3月 第2校舎改築第2期工事(鉄筋3階建)竣工する。 第2校舎完成
昭和35年 7月 第2校舎改築第1期工事(鉄筋3階建)竣工する。
昭和32年 9月 体育館拡張並びに改修工事完了する。
昭和32年 4月 定時制課程生徒定員が480名とされる。
昭和29年 2月 本館第3次復興計画(西側)竣工する。
昭和28年 4月 本館第2次復興計画(東側)竣工する。
昭和27年 3月 本館第1次復興計画(正面)竣工する。
昭和26年 4月 全日制課程生徒定員が1050名とされる。
昭和25年 8月 家庭科教室、体育器具庫および生徒集合所竣工する。
昭和24年 4月 高等学校通学学区が制定され、男女共学により女子15名入学する。
昭和23年 11月 第3次復興計画として第3校舎(木造平屋建)竣工する。
昭和23年 5月 創立50周年、校舎復興記念祭を行う。
昭和23年 4月 新制商業高等学校として発足、静岡県立静岡商業高等学校と改称され、生徒定員が750名となる。静岡県立静岡第二商業学校は、本校定時制(夜間)課程とされ、生徒定員が320名となる。
昭和23年 2月 第1次復興計画として第2校舎(木造2階建)が、第2次復興計画(便所、渡り廊下)とともに竣工する。
昭和22年 4月 新制中学校の生徒が設けられ、併設中学校を置き、在校2・3年生を収容する。静岡第二商業学校の募集を再開する。
昭和21年 4月 修業年限を5年とし、生徒定員を1200名とする。
昭和20年 6月 戦災のため校舎を焼失する。
昭和19年 3月 静岡第二商業学校の募集を停止する。
昭和18年 3月 文部省令第4号実践学校規定により、修業年限を4年、生徒定員を1000名とする。
昭和17年 3月 種別並びに従来の第1種の課程を昭和19年3月をもって廃止し、生徒定員を1200名とする。静岡県立静岡第二商業学校(夜間)を設置する。
昭和10年 9月 現在地に新築移転する。
昭和9年 3月 組織を変更し、第1種(3年制)生徒定員300名、第2種(5年制)生徒定員1000名の両種を併置し、静岡市立駿府商業学校を合併する。
昭和2年 4月 静岡実践商業学校は、静岡市立駿府商業学校と改称し、第1種(5年制)、第2種(3年制)を設置する。

大正

大正11年 4月 静岡県に移管し、静岡県立静岡商業学校と改称し、生徒定員を850名とする。付属実践商業科は静岡市に移し、静岡実践商業学校(3年制)と称する。
大正9年 4月 本科生と定員を750名とする。
大正8年 10月 静岡県静岡商業学校と改称する。
大正7年 4月 本科生徒定員を500名、付属実践商業科定員を300名とする。
大正5年 4月 本科生徒定員を450名、付属実践商業科定員を250名とする。
大正3年 4月 校歌を制定する。

明治

明治41年 3月 付属簡易商業科を付属実践商業科と改称し、2年生とする。更に1年制の専修科を設置し、本科生徒定員を400名とする。同年校旗を制定する。
明治38年 3月 付属簡易商業科を3年制とし、生徒定員を200名とする。
明治37年 3月 本科生と定員350名とする。
明治35年 3月 第1回本科生41名、簡易商業科生39名の卒業式を行う
明治33年 4月 静岡市追手町82(城内)に新築移転する。予科を2年に延長し、付属簡易商業科(2年制、生徒定員100名)を設置する。
明治33年 1月 文部省告示第11号により、文官任用令第3条台3項および徴兵令第13条の適用を受け、中学校と同程度以上の学校と認定される。
明治32年 4月 静岡市本通3丁目英語専門学校の建物を仮校舎として4月17日開校式を行う。
明治31年 11月 静岡県静岡市立静岡商業学校(予科1年、本科3年、生徒定員220名)として設立を許可される。