注意報等への対応

warning announcements

警報・注意報発表時の対処については、原則的に下記のとおりです。
ただし、気象情報や地域の実状に応じ、学校の判断で変更となる場合がありますので注意してください。
事前に変更の連絡があった場合、その指示に従って対処してください。

2022.02.18更新

台風等による警報・注意報発表時の対応

警報・注意報発表時の対処については、原則的に下記のとおりです。
ただし、気象情報や地域の実状に応じ、学校の判断で変更となる場合がありますので注意してください。
事前に変更の連絡があった場合、その指示に従って対処してください。

*表を横にスクロールしてご覧ください。

情報 授業 登校前に発表されていた場合 登校後に発表された場合
<注意報>
強風
大雨
洪水

平常
授業

①今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認し登校する

②安全に登校することが確認できない場合は、学校に連絡し、自宅で待機し状況を見て登校する。

①気象情報や地域の実状に応じ、下校させることがある。

※安倍川の状況により、下校の検討に入る。

<警報>
暴風
特別

授業
中止

午前6時の時点で発表されている場合は自宅で待機する。

その後、警報が解除されたら登校とする。ただし、今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、安全に登校できることを確認した上で登校する。
安全に登下校できることを確認した上で登校する。安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。

午前11時の時点で警報が解除されていない場合一日休校とする。

①安全を確認した後、下校する。
【確認事項】

  • 交通道路情報の確認
  • 保護者引取りの有無
  • 集団下校者の確認
  • 自転車通学生の安全指導
  • 下校途中で帰宅不能になった場合の対処方法

②安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡をとり、適切な対応を取る。

<警報>
大雨
洪水
平常
授業

①今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する

②安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。

①気象情報や地域の実状に応じ、集団下校させることもある。

※安倍川の状況により下校させることもある。

大地震による災害が発生した場合

在宅時
  • 第一に、自分と家族の身の安全を確保する。自宅等が倒壊した場合は、事前に家族で決めてある場所や近くの避難地に避難する。
  • 安全が確認されたら、他の家族と連絡を取り、学校に安全の旨を連絡する。
通学時
  • 自分の身の安全を確保し、揺れが収まったら指示のもとグラウンド等に避難し点呼を受ける。
  • 学校に来ている生徒は自分の身の安全を確保し、揺れが収まったら指示のもとグラウンド等に避難し点呼を受ける。自分勝手な行動を慎み、学校の指示に従う。
在校時
  • 自分の身の安全を確保し、揺れが収まったら指示のもとグラウンド等に避難し点呼を受ける。自分勝手な行動を慎み、学校の指示に従う。
  • 余震の恐れがなくなり安全が確認されるまで校舎内・体育館等に立ち入らない。

地震情報が発表された場合

*表を横にスクロールしてご覧ください。

状況  基  準
地震

南海トラフ地震臨時情報

調 査 中 原則平常授業
巨大地震警戒 原則平常授業
巨大地震注意 原則平常授業
調 査 終 了 原則平常授業
学校が所在する地域で震度5強以上の地震が発生した時 直ちに教育活動を中止
学校が所在する地域で震度5強以下の地震が発生した時 平常授業、ただし状況に応じて授業中止

津波警報発表時の対処

津波警報発表中は、地震と連動しているので地震対応にも考慮し、常に情報収集に努める。

在宅時津波は地震と連動しており、地震・津波情報が出た段階で、身の安全の確保の点から登校せず自宅待機する。自宅が避難地域の場合、指定の避難所に避難する。

注意報・警報 教育活動実施基準
津波注意報

<在校時>
平常授業、沿岸部の活動は中止

津波警報

<在校時>
教育活動を中止

<学校管理下外>
避難または自宅待機
津波警報が解除され、登下校の安全が確保された時点で登校

大津波警報
在宅時 津波は地震と連動しており、地震・津波情報が出た段階で、身の安全の確保の点から登校せず自宅待機する。自宅が避難地域の場合指定の避難所に避難する。
登下校中 生徒は、学校に近い場所は登校する。自宅に近い場合は、帰宅するか、避難所で待機する。また、保護者と学校に対し安否の連絡に努める。
在校中 状況を見て帰宅させるかどうか判断をし、放送によって指示をする。下校は、警報解除後に行うが、津波・地震・バス・鉄道等の状況を総合的に判断して決定する。
帰宅困難者は、校舎北館に待機させる。
休日における
部活動
地震と同様、警報が出ている場合は活動を中止する。遠征や学校外で活動している場合は、運営団体の指示に従うとともに、管理職に報告する。